陣馬山の下見に行ってきました!

 

陣馬山の下見に行ってきました!

 

こんにちは、山登りインストラクターの松尾浩です。

 

10月18日に予定しています秋の陣馬山ハイク。

わしは何十回となく通っている山ですが、今回はツアーのために下見に行ってきました。

数多く写真を撮ってきましたので、登ったことがない方でも少しは雰囲気が分かるかもしれませんよ。

 

JR中央本線の藤野駅は高尾駅から二つ目の駅。

ここを今回は6時50分に出発しました。

image

 

ツアーではここからバスに乗りますが、時間的にバス便がないので歩きます。

image
陣馬登山口バス停まで24分ほどで到着。

image

 

ここから陣馬山頂まで100分と出ている一の尾根を歩きます。

実際そのくらい掛かります。

 

以前小学校3年生の子どもたちとその親御さんを連れてこのコースを登ったことがあります。

子どもたちは元気に登っていましたが、お父さんお母さんたちは日頃の運動不足のせいでかなりのスローペースを余儀なくされました。

結果2時間30分のコースタイムでした。

ですので、今回のツアーも少し多めに時間を見ておくつもりです。

 

しばらく舗装路が続きます。

image

 

ようやく山道に。

image

 

先ほどの登山口バス停から16分ほどでここまでです。

 

image

 

11月8日は陣馬山に登らない方が良さそうですね。

 

山道は平坦なところもあれば、

image

石がざれているところもあります。

image

 

上沢井の分岐を過ぎたあたりから、何か気配を感じます。

後ろを振り返っても登山者はいません。

人はいないのに気配を感じる、以前にもあったなぁと思っていたらいきなり出くわしました。

image
猿です。

猿は集団で行動するので、一匹見掛けたらその20倍くらいはいます。

image

 

タイミングを取るのがヘタなのとカメラの性能の問題で、残念ながら決定的瞬間を撮影できませんでした。

この斜面を降って行った猿が3匹、斜面の下の方を集団で疾走して行った猿は10匹は下らないでしょう。

image

image

 

山で野性の猿を見たのは今回で2度目です。

初めて見たのは奥多摩の鷹ノ巣山から倉戸山の間でした。

やはり一人で歩いていて、しかも前後に登山者がまったくいない状況は今回と同じ。

何か気配を感じたのも同じでした。

ちょっと驚きましたね。

 

さて山頂が近づいてきました。

image

 

しかし、まだまだこんな木の根っこだらけのところがあったり、

image

 

最後の急登階段も待っています。

image

 

頑張って登ると、陣馬山のシンボルでもある白馬の像が見えてきました。

image

 

そして山頂に到着!

image

image

 

太陽は見えていましたが、山頂からは良い景色は見えず。

富士山も雲の中でした。

image

image

 

登山口バス停から山頂までの所要時間は1時間48分でした。

山頂からの下山は明王峠を経由して相模湖駅に降ります。

これについては次回に。

 

 

ツアーのお申し込みは、

10月18日 秋の陣馬山ハイクはこちらから。

10月24日のトワイライト高尾山はこちらから。

 

メールマガジン好評配信中です。
こちらから読者登録をお願いします。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

hirolingo山登りインストラクター

現在山登りと健康をテーマに、山登りインストラクターとして活動をしています。
東京都山岳連盟個人会員
武蔵野市山岳連盟登山スクール12期修了。

ココロとカラダのデトックスには山登りと断食が効果的です。
ストレスを解消しココロのデトックス!
山登りをすることで新陳代謝も良くなり、カラダが健康になります。
断食でカラダのデトックス!
カラダに溜まった毒素を断食で排毒します。

健康の維持増進、または健康回復のお手伝いを山登りと断食を通じて行いたいと切に思っています。
同時に山の素晴らしさを体験していただきたいとも考えています。
一緒に山を登って、素晴らしい自然を堪能しましょう。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
ページ上部へ戻る