絶好の登山日和に瑞牆山を登る‼︎

image

 

絶好の登山日和に瑞牆山を登る‼︎

 

こんにちは、山登りインストラクターの松尾浩です。

 

11月4日はわしの58歳の誕生日でした。

そんな日に単独で瑞牆山(山梨県北杜市 2230m)に登ってきました。

 

朝4時起床。

5時過ぎには高速にのっていました。

7時10分頃に瑞牆山荘近くの無料駐車場に到着。

空を見上げれば雲ひとつない青空が広がっています。

まさに絶好の登山日和です。

image

image

 

屹立する瑞牆山が樹間から眺められます。

image

 

50分も掛からずに富士見平に到着。

image

ここは山小屋とともにテント場があります。

image

わしも息子を連れて2度ここでテント泊をしました。

バスの終点でもある瑞牆山荘から50分でここに着いてしまうのですから、テント泊初心者にはうってつけのテントサイトです。

 

瑞牆山は花崗岩で形成されている山なので、山道にも岩がゴロゴロしています。

image

こういうところを歩く時は必ず登山靴を履いてくださいね。

運動靴ではソールが柔らかいため疲れてしまうし、足首をひねってしまったりしやすいです。

 

こんな巨岩も!

image

 

天気が崩れる心配はまったくありそうもないです。

image

 

なので、途中からでも富士山が遠くに見えてきました。

image

ここからも。

image

 

鎖場をいくつか通って

image

山頂が見えてきました。

image

 

そして山頂到着です!

image

 

山頂からは富士山が見えるだけではなく、

image

南アルプス
image

八ヶ岳
image

そして遠くに

北アルプス
image

が一望できます。

まさに360度のパノラマを満喫しました。

素晴らしい誕生日プレゼントをいただきましたよ。

 

山頂では早い昼食をいつものやつで。

image

今日は特別にホットココアもいただきました。

image

 

瑞牆山の山頂はゴツゴツした岩です。

座ったりコンロを置いたりするのだけでも一苦労です。

image

50分ほど山頂でくつろぎました。

真っ青な空の下、取りとめもないことを思い浮かべながら絶景を堪能しました。

生きていることを実感する時間でもありました。

ほとんど無風で日差しも暖かく本当に最高のコンディションでしたね。

 

山頂に別れを告げて下山開始です。

image

 

来たルートを戻るだけです。

image

富士見平小屋まで1時間10分ほどで着きました。

image

曰く付きの小屋ですが、よく再開したものです。

経営者が変わったようですね。

 

紅葉はほとんど終わりに近い時季ですから、

image

image

こんなもんですかね。

 

4年前の9月に息子とテント泊で来て以来の瑞牆山。

今回は最高のバースデイ登山でした!

 

 

山はいつも最高さ!
11月15日の晩秋の景信山ハイクはこちらから。

11月22日の晩秋の滝子山を登ろう!はこちらから

12月21日の"ダイヤモンド富士を堪能するトワイライト高尾山"はこちらから。

 

メールマガジン好評配信中です。
こちらから読者登録をお願いします。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

hirolingo山登りインストラクター

現在山登りと健康をテーマに、山登りインストラクターとして活動をしています。
東京都山岳連盟個人会員
武蔵野市山岳連盟登山スクール12期修了。

ココロとカラダのデトックスには山登りと断食が効果的です。
ストレスを解消しココロのデトックス!
山登りをすることで新陳代謝も良くなり、カラダが健康になります。
断食でカラダのデトックス!
カラダに溜まった毒素を断食で排毒します。

健康の維持増進、または健康回復のお手伝いを山登りと断食を通じて行いたいと切に思っています。
同時に山の素晴らしさを体験していただきたいとも考えています。
一緒に山を登って、素晴らしい自然を堪能しましょう。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
ページ上部へ戻る