管楽器の音の響きがまだ耳に残っています!

 

管楽器の音の響きがまだ耳に残っています!

 

こんにちは、山登りインストラクターの松尾浩です。

 

今回は山登りの話ではなく、音楽の話になります。

 

わしの若き友人のお父上が団長を務めていらっしゃる吹奏楽団の演奏会を聴きに行って来ました。

 

image

image

 

わしは3年前まで28年間合唱をやっていた人間なのでいわゆるクラシック音楽が好きです。

オーケストラと共演する合唱団に長くいたのでオーケストラもすごく好きです。

もっとも楽器は何も出来ませんけど。

 

そんなわしですが、吹奏楽団の演奏会を大ホールで聴くのは初めての経験でした。

いや、素晴らしい演奏会でしたよ。

 

弦楽器がほとんどない音色とはどんなものかと思いましたが、そんな末梢的なことはまったく気にならず、吹奏楽の演奏に充分浸ることが出来ました。

 

友人の話では、今回の曲目は吹奏楽としてはマイナーな曲ばかりだそうです。

確かに生まれが1900年代半ば以降の作曲家がほとんどでしたから、いわば名曲という作品ではなかったのでしょう。

 

しかしどれも聴きごたえのある曲でした。

わしは、後半一発目のクリフトン=ウィリアムズ作曲「シンフォニック・ダンス第3番"フィエスタ"」の華やかさが個人的には気に入りました。

 

 

わしが某中学校に勤務していた時、その学校の吹奏楽部は都大会でも良いところまで行くレベルでした。

全国大会には行けない金賞とかね。

その吹奏楽部の学内コンサートを聴いた際に、学校の体育館などという最悪な音響環境の中でも生徒が輝いていてカッコ良く、そして感動した覚えがあります。

 

それと今回のプロ楽団を比較するのは両方に対して失礼だとは思いますが、技術や音楽の深さはさすがに違うなと感じました。

やはり失礼なのでこれ以上はやめましょう。

 

 

音楽ホールで聴く生の演奏はやはり違いますね。

絢爛たる管楽器の音色が今も耳に残っています。

久しぶりの演奏会堪能しました!

 

 

合唱から離れている今のわしは山登りにどっぷり!
6月28日に都内渋谷で「山登り健康講座」開催します。
山登りに興味のある方、
心身ともにリフレッシュしたい方、
デトックスをしたい方、
ダイエットをしたい方、
そして人生を豊かにしたい方お待ちしています。

お申し込みはこちらから!

 

メールマガジン好評配信中です。
富士山に登るためのワンポイントレッスン連載中です!

こちらから読者登録をお願いします。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

hirolingo山登りインストラクター

現在山登りと健康をテーマに、山登りインストラクターとして活動をしています。
東京都山岳連盟個人会員
武蔵野市山岳連盟登山スクール12期修了。

ココロとカラダのデトックスには山登りと断食が効果的です。
ストレスを解消しココロのデトックス!
山登りをすることで新陳代謝も良くなり、カラダが健康になります。
断食でカラダのデトックス!
カラダに溜まった毒素を断食で排毒します。

健康の維持増進、または健康回復のお手伝いを山登りと断食を通じて行いたいと切に思っています。
同時に山の素晴らしさを体験していただきたいとも考えています。
一緒に山を登って、素晴らしい自然を堪能しましょう。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
ページ上部へ戻る