涸沢までが遠く感じた!

 

涸沢までが遠く感じた!

 

こんにちは、山登りインストラクターの松尾浩です。

 

8月22日の午後11時に都庁大型バス駐車場を出発した高速バスは4時半には平湯温泉に到着。

その後路線バスに乗り換えて上高地には5時25分頃に着きました。

 

奥穂高岳山行第1日目です。

朝もやが幻想的な雰囲気を醸し出している中、今日の目的地涸沢に向けて出発です。

image

image

 

明神ヶ岳の山容も何か神秘的ですらあります。

image

 

徐々に日が登ってきました。

image

 

このなだらかなそして長い遊歩道を歩いていると、小学生の男の子とそのお父さんに会いました。

聞けば6年生とのこと。

さらに槍ヶ岳登頂を目指していると言います。

昨年の息子との山行をなぞるような話に懐かしさを覚えました。

登頂が成功するよう祈っている旨を伝えて先行しました。

 

ようやく涸沢方面への分岐点横尾に着きました。

ここまで休憩を含め1時間40分ほど。

image

この橋を渡って涸沢方面へと進みます。

 

image

岩だらけの山道は当然歩き難いのですが、これが本来の山の道です。

低山の良く整備されている山道に慣れてしまっていると、こういう岩だらけの山道を歩いているだけでケガをする人もいますから注意が必要です。

 

image

本谷橋を通過。

 

雲は多いが太陽の光を浴びて肌がヒリヒリするくらい。

先ほどからヘリコプターがバタバタと飛んでいます。

まさか遭難か、と思ったら物資の輸送でした。

image

 

それから40分後、2泊お世話になる涸沢小屋が見えてきました!

image

 

ここが涸沢フェスティバルでも有名な涸沢カール。

グレーの部分は雪渓です。

image

 

そしてようやく涸沢小屋に到着します。

image

image

 

ここまで休憩を含めおよそ6時間。

大したルートでもないのに疲れました。

思えば今年は山行回数こそ多いが、山らしい山といえば数えるほど。

おまけにトレーニングもほとんどしていないような状況です。

体力が落ちているのでしょうね。

 

明日は奥穂高岳を登るのだけど、今夜は早めに寝ます。

右側の雲に隠れているのが奥穂高岳(標高3190mは日本で3番目に高い)

右側の雲に隠れているのが奥穂高岳(標高3190mは日本で3番目に高い)

 

9月27日に都内渋谷で「山登り健康講座」開催します。
山登りに興味のある方、
心身ともにリフレッシュしたい方、
デトックスをしたい方、
ダイエットをしたい方、
そして人生を豊かにしたい方お待ちしています。

詳細は決まり次第お知らせします。

 

メールマガジン好評配信中です。
富士山に登るためのワンポイントレッスン連載中です!

こちらから読者登録をお願いします。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

hirolingo山登りインストラクター

現在山登りと健康をテーマに、山登りインストラクターとして活動をしています。
東京都山岳連盟個人会員
武蔵野市山岳連盟登山スクール12期修了。

ココロとカラダのデトックスには山登りと断食が効果的です。
ストレスを解消しココロのデトックス!
山登りをすることで新陳代謝も良くなり、カラダが健康になります。
断食でカラダのデトックス!
カラダに溜まった毒素を断食で排毒します。

健康の維持増進、または健康回復のお手伝いを山登りと断食を通じて行いたいと切に思っています。
同時に山の素晴らしさを体験していただきたいとも考えています。
一緒に山を登って、素晴らしい自然を堪能しましょう。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
ページ上部へ戻る