書道博物館に行ってきました!

書道博物館に行ってきました!

 

こんにちは、山登りインストラクターの松尾浩です。

 

いよいよ明日になりました「山登り健康講座」!
まだ間に合いますよ!本日23時59分をもって締め切らせていただきます。
少しでも興味関心のある方はお申し込みになる事をオススメします!
お待ちしています。

お申し込みはこちらからお願いします。

 

セミナーを明日に控えているのに今日は所属しているビジネス塾の博物館見学に行ってきました。

行ったのが鶯谷駅にほど近い「台東区立書道博物館」。

 

image

image

 

この博物館には、明治から昭和の洋画家であり書家でもあった中村不折(1866-1943)がその半生にわたり独力で蒐集したコレクションが展示されています。

その展示品は、中国と日本の書道史研究上重要なものばかりだそうです。

館内は当然のことながら撮影禁止でしたので、その作品群を紹介できないのが残念です。

 

この中村不折は、「新宿中村屋」の看板文字や清酒の「真澄」味噌の「神州一味噌」のラベルなどを書いた人なんです。

いやそんな身近な作品を書いた人とは驚きました。

 

わしは書には興味があるものの拓本などはよく分かりませんでした。

しかし今日は学芸員の中村さんが楽しくも丁寧な説明のおかげで、とても興味が湧きました。

やはりわしのような知識のない人間には、このような説明をしていただけると理解度が格段に変わってきますね。

中村さん、ありがとうございました。

 

ちなみに中村さんは、中村不折とも新宿中村屋とも関係ないそうです。

 

image

 

うちの塾の師匠はもともとが高校の書道教師です。

博物館見学と言ってもさすがに視点が違います。

そして学芸員の中村さんに解説をしていただきながらの閲覧という企画も素晴らしかった!

"書"というものに初めて感動しました。

 

わしは合唱を通じて音楽という芸術に長い間関わってきました。

友人に二科会会員の彫刻家がいます。

そして書道です。

芸術って感動をくれる一方癒されます。好きですね!

 

image

 

塾生のみなさんはこの後国立博物館へ行きました。

わしは明日の準備などがあるので、ここで辞去です。

とても充実した午後のひとときでした。

 

 

メールマガジン配信中です。
富士山に登るためのワンポイントレッスン連載中です!
よろしければ上段タグ「メールマガジン」から読者登録をしてください。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

hirolingo山登りインストラクター

現在山登りと健康をテーマに、山登りインストラクターとして活動をしています。
東京都山岳連盟個人会員
武蔵野市山岳連盟登山スクール12期修了。

ココロとカラダのデトックスには山登りと断食が効果的です。
ストレスを解消しココロのデトックス!
山登りをすることで新陳代謝も良くなり、カラダが健康になります。
断食でカラダのデトックス!
カラダに溜まった毒素を断食で排毒します。

健康の維持増進、または健康回復のお手伝いを山登りと断食を通じて行いたいと切に思っています。
同時に山の素晴らしさを体験していただきたいとも考えています。
一緒に山を登って、素晴らしい自然を堪能しましょう。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
ページ上部へ戻る