日本百名山を考える!

 

◎日本百名山を考える!
こんにちは、山登りインストラクターの松尾浩です。
「日本百名山」というのを聞いたことがあると思います。

山登りに関心のない人でもその言葉だけはどこかで聞いたことがあるのではないでしょうか。
随筆家であり登山家でもあった深田久弥が選定した、日本の百箇所の名山です。

この百名山をすべて登るのを一つのステータスと考えている人たちがいます。

特に60代の、毎週のように山に行ける環境の方に多いように感じます。
確かに深田久弥が選んだ山はわしでも登ってみたくなる山が多いです。

その一方で、あの山がなぜ含まれていないのかという疑問もあります。
わしが登った例で言うと燕岳は除外されていますし、八ヶ岳の峰々は一括りにただ「八ヶ岳」とされています。
そもそも深田久弥が登っていないからという理由で外されている山も結構あります。
そんな百名山踏破は、深田久弥自身が困惑するほどブームになってしまい、それは今も続いているのです。

 

夏の燕岳(長野県大町市・安曇野市 2762.85m)。

夏の燕岳(長野県大町市・安曇野市 2762.85m)。

 

 

 

 

 

 

 

 

山登りほど自発的な行為はそれほどないとわしは思っています。
息をハアハアしながら登る辛さ、膝に体の重さが乗っかかる降りのシンドさは、それほどまでして山に登る理由があるから乗り越えられるのであって、山登りに興味のない人にはまったく理解できない話でしょう。
自ら登りたいから登る山登りなのに、人の基準で選ばれた山になぜすべて登りたいのか!

それがなぜブームにまでなってしまうのか!

正直わしには理解できません。

 

 

わしが提唱したいのは、自分の百名山を作ることです。

わし自身は、登りたいのに登っていない山がまだたくさんあるので作るところまでいきませんが。

でも思うのは、山と季節を合わせての百名山という一つの考え方です。
例えばカタクリの花が美しい春の御前山(東京都西多摩郡奥多摩町・檜原村 1405m)とかね。

夏の◯◯山とか秋の◯◯山、冬の◯◯山という風に決めることが理想です。

 

 

さらに言えば、富士山を眺める百名山とか子どもと登る百名山とかというのも面白い。
深田久弥が言いたかったのもこういうことなのではないかなぁ。
右へならえにすぐなってしまうのは日本人の悪いところ。

自分で百名山を考えましょうよ。
わしもあと5年くらいかけて自分の百名山を決めたいと思います。

 

鬼ケ岳(山梨県富士河口湖町・笛吹市 1738m)から眺める富士山。

鬼ケ岳(山梨県富士河口湖町・笛吹市 1738m)から眺める富士山。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

hirolingo山登りインストラクター

現在山登りと健康をテーマに、山登りインストラクターとして活動をしています。
東京都山岳連盟個人会員
武蔵野市山岳連盟登山スクール12期修了。

ココロとカラダのデトックスには山登りと断食が効果的です。
ストレスを解消しココロのデトックス!
山登りをすることで新陳代謝も良くなり、カラダが健康になります。
断食でカラダのデトックス!
カラダに溜まった毒素を断食で排毒します。

健康の維持増進、または健康回復のお手伝いを山登りと断食を通じて行いたいと切に思っています。
同時に山の素晴らしさを体験していただきたいとも考えています。
一緒に山を登って、素晴らしい自然を堪能しましょう。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
ページ上部へ戻る