日帰り登山でもヘッドランプが必要な理由

 

日帰り登山でもヘッドランプが必要な理由

 

こんにちは、山登りインストラクターの松尾浩です。

 

登山道具の一つにヘッドランプがあります。

 

image

 

実際に点灯するとこんな感じ。

 

写真のようにテント泊やあるいは山小屋に泊まる場合は必ず持っていかなくてはならないモノです。

 

そして日帰り登山でも持って行きましょう!

なぜなら山行中に日が暮れてしまうことがあるからです。

早出早着が登山の鉄則ですが、それでもたまにあるのではないでしょうか。

 

素晴らしい景色に魅入ってしまって時が過ぎるのを忘れた。

山頂での昼食休憩でのんびりしすぎた。 などなど…

 

日が長いいまの季節ならまだしも、秋から冬にかけてはあっという間に暗くなってしまいます。

街中と違って街灯などありませんから月明かりのない夜はまさに真っ暗ですよ。

 

ですからヘッドランプが必要なのです、

という話をすると「懐中電灯ではダメですか?」ということを聞いてくる人が必ずいます。

懐中電灯では片手がふさがってしまうのでダメです、とその都度答えています。

 

山登りでは両手がフリーであることはかなり重要なことですから。

 

 

ところで最近特に気になるのですが、こちらが下山完了するような時間に登ってくる登山者が以前よりも多いような気がするのですよ。

2時とか3時頃から山を登ろうとする人たち!

ヘッドランプ持っていますか?

その行動の不可解さとともに装備が気になるわしです。

 

 

山登りに必要な装備のことも話します。
6月28日に都内渋谷で「山登り健康講座」開催を予定しています。
山登りに興味のある方、
心身ともにリフレッシュしたい方、
デトックスをしたい方、
ダイエットをしたい方、
そして人生を豊かにしたい方お待ちしています。

 

 

メールマガジン好評配信中です。
富士山に登るためのワンポイントレッスン連載中です!
よろしければ上段タグ「メールマガジン」から読者登録をしてください。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

hirolingo山登りインストラクター

現在山登りと健康をテーマに、山登りインストラクターとして活動をしています。
東京都山岳連盟個人会員
武蔵野市山岳連盟登山スクール12期修了。

ココロとカラダのデトックスには山登りと断食が効果的です。
ストレスを解消しココロのデトックス!
山登りをすることで新陳代謝も良くなり、カラダが健康になります。
断食でカラダのデトックス!
カラダに溜まった毒素を断食で排毒します。

健康の維持増進、または健康回復のお手伝いを山登りと断食を通じて行いたいと切に思っています。
同時に山の素晴らしさを体験していただきたいとも考えています。
一緒に山を登って、素晴らしい自然を堪能しましょう。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
ページ上部へ戻る