富士山が噴火した時に登山者はどうすれば良いか?

 

富士山が噴火した時に登山者はどうすれば良いか?

 

こんにちは、山登りインストラクターの松尾浩です。

 

6月12日の投稿は思いのほかみなさんの関心を引いたようです。

だからというわけではありませんが、富士山が噴火した時のことを考えてみました。

 

しかしわしの考えではたかがしれているし、説得力もないでしょう。

だからネットで調べてみました。

 

すると富士山噴火時の登山者対策について考えている方がいました!

静岡大学防災総合センター副センター長の小山真人教授です。

 

小山教授がすぐにできそうな対策として挙げているのは次の5つです。

1ヘルメットを含む安全装備の義務化

2入山登録の義務化(携帯メール登録含む)

3登山者への緊急メール配信システムの整備

4入山前の登山者への火山リスクと対策の周知(地震による落石リスク含む)

5登山者人数の抑制

 

具体的で多くがすぐにでも実行可能な事ばかりです。

個人的には5の登山者人数の抑制が唯一引っかかりますが、その他の4項目については賛成です。

 

小山教授は3年以上前から噴火時の登山者対策を提起しているようですが、何も進展していないのが現状です。

そこに今回の山梨県が策定した避難ルートマップです。

ここに行政の逃げを感じるのはわしだけではないはずです。

 

少なくとも7・8月のシーズンだけでも早急な対策を望みます。

 

この夏は富士山に登る予定です。

ヘルメットを持っていくか!!

 

登りたい気持ちは分かる、けどやっぱり遠くから眺める山だよ富士山は。

登りたい気持ちは分かる、けどやっぱり遠くから眺める山だよ富士山は。

 

6月28日に都内渋谷で「山登り健康講座」開催します。
山登りに興味のある方、
心身ともにリフレッシュしたい方、
デトックスをしたい方、
ダイエットをしたい方、
そして人生を豊かにしたい方お待ちしています。

お申し込みはこちらから!

 

メールマガジン好評配信中です。
富士山に登るためのワンポイントレッスン連載中です!

こちらから読者登録をお願いします。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

hirolingo山登りインストラクター

現在山登りと健康をテーマに、山登りインストラクターとして活動をしています。
東京都山岳連盟個人会員
武蔵野市山岳連盟登山スクール12期修了。

ココロとカラダのデトックスには山登りと断食が効果的です。
ストレスを解消しココロのデトックス!
山登りをすることで新陳代謝も良くなり、カラダが健康になります。
断食でカラダのデトックス!
カラダに溜まった毒素を断食で排毒します。

健康の維持増進、または健康回復のお手伝いを山登りと断食を通じて行いたいと切に思っています。
同時に山の素晴らしさを体験していただきたいとも考えています。
一緒に山を登って、素晴らしい自然を堪能しましょう。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
ページ上部へ戻る