今年の夏は富士山に登りませんか!?

 

今年の夏は富士山に登りませんか!?

 

こんにちは、山登りインストラクターの松尾浩です。

 

今年の夏は富士山に登ります。

富士山は初心者でも登れるというので、安易な気持ちで登る人が結構います。

残念ですね。

 

わしとしてはいきなり登るのではなく、やはり準備が必要だと思っています。

つまり足慣らしから始めて徐々にステップアップしていくのです。

富士登山に絶好の時期は梅雨明けからお盆前まで。

7月の末頃には登るとして、ちょうど3ヶ月の時間があります。

準備期間としては最高の状況ですよ。

 

そんなモデルになるかなと思い、今回から始めます。

題して、

「富士山へつながる道 〜楽に登れるステップアップ山行〜」

今回は第1回、足慣らし山行の巻、です。

 

昨日、高尾山(東京都八王子市 599.15m)に登ってきました。

足慣らしとしてはまぁこんなところから始めてみてはいかがでしょうか。

今回は日影バス停を起点としました。

image

 

キャンプ場方面(左)に向かいます。

image

 

25日ぶりの山行だったので、このコースでちょうど良いかと思いましたが、それではあまりにも軟弱と思われるのも癪なので500gのアンクルウェイトを装着して歩きました。

 

image

でもこういう階段は正直辛いです。

山の中に階段があること自体違和感を持ってますから。

 

で、山頂直下に来ると上から車が降りてきます。

image

 

高尾山にはいろんな人が来ます。

以前はハイヒールを履いた女性も見たことがあります。

しかし車とは…。

山頂に着いて謎が解けました。

image

建替中の茶屋があったんですね。

 

お隣りの高尾ビジターセンターはすかっり新しくなっておりました。

開館時間にはまだ間があったので、残念ながら入館できませんでしたが。

image

 

山頂の見晴台に立つと、うっすらと富士山が見えました。

image

もちろんまだ冠雪しています。

3ヶ月後には山頂付近も黒い山肌が見え、それでも雪渓があります。

image

 

下山は今まで通らなかったルートで降ります。

こんな静かなルートがあったのですね。

 

ほぼ下山を完了すると小学生の一団が。どうやら遠足のようです。

image

そして終点の高尾山口駅です。

駅舎がずいぶんときれいになっていました。

世界中から観光客を迎える準備は整ったということなのでしょうか。

image

 

第1回の足慣らし山行、2時間強のコースタイムでしたが、富士登山を考えている方はまずこのくらいの標高・時間の山で足慣らしをしてみてください。

 

第2回は少し距離・時間を伸ばします。

 

富士山の登り方も話します。
5月10日に都内新宿で「山登り健康講座」を開催します。

山登りに興味のある方、健康になりたい方、ダイエットをしたい方、そして人生を豊かにしたい方お待ちしています。
お申し込みはこちらからお願いします。

 

メールマガジン配信中です。
富士山に登るためのワンポイントレッスン連載中です!
今なら初めから読めますよ。
よろしければ上段タグ「メールマガジン」から読者登録をしてください。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

hirolingo山登りインストラクター

現在山登りと健康をテーマに、山登りインストラクターとして活動をしています。
東京都山岳連盟個人会員
武蔵野市山岳連盟登山スクール12期修了。

ココロとカラダのデトックスには山登りと断食が効果的です。
ストレスを解消しココロのデトックス!
山登りをすることで新陳代謝も良くなり、カラダが健康になります。
断食でカラダのデトックス!
カラダに溜まった毒素を断食で排毒します。

健康の維持増進、または健康回復のお手伝いを山登りと断食を通じて行いたいと切に思っています。
同時に山の素晴らしさを体験していただきたいとも考えています。
一緒に山を登って、素晴らしい自然を堪能しましょう。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
ページ上部へ戻る