プロの心得とは 〜コンシェルジュの場合〜

 

プロの心得とは 〜コンシェルジュの場合〜

 

こんにちは、山登りインストラクターの松尾浩です。

 

いまテレビドラマでも取り上げられている"コンシェルジュ"という職業をご存知でしょうか?

ホテルの総合お世話係ともいうべきサービス業です。

観光スポットやおすすめの飲食店等の紹介から、航空券や観劇のチケットの手配、あるいは人探しや物探しまでお客様のあらゆる要望に応える究極のパーソナルサービスを提供する仕事です。

彼らの絶対的な基本はお客様に「出来ない」とは言わないこと。

そんなコンシェルジュという仕事を垣間見る機会がありました。

 

 

サービスというとお客様に向き合うというとイメージがわしにはありました。

ですが、一流のコンシェルジュの方はそうではなく、相手と同じ方向を向くのだそうです。

同じ方向を向くからこそ相手の要望が見えてくるし、叶える事が出来るのでしょう。

 

人の気持ちを読み取る事は訓連や経験を重ねていく中で体得できると思います。

しかしそれは基本、要はそれを持続することが出来るかが問題です。

基本とは原点でもあり、それが出来なければプロとは呼べないわけですが、だからこそその基本を忘れずに続けていくことが重要なんですね。

 

「攻めのサービス」という言葉も突き刺さりました。

慣れてくると時に表面的なサービスを提供することで終わってしまうことがあります。

そんな時はお客様の本当の要望を聞き出せません。

お客様が話している事だけで判断するのではなく、こちらから要望を聞き出すような話術も必要になってきます。

そうしているうちにお客様の真の要望が見えてくる。

これが「攻めのサービス」です。

 

この他にも「試してない事を試す」など心に残る言葉がありました。

 

すべていまのわしには貴重で心の糧となる言葉の塊です。

山登りインストラクターとして肝に命じたい言葉ですね!

 

最後にプロとは?と尋ねられたコンシェルジュは次のように応えます。

 

もっと先に進む努力をいつも自然に楽しむ人

 

ありがとうございました!

 

image

 

そんな心の一端を持ち合わせる努力をしつつ、
北八ヶ岳山行、8月30日はこちらから

こちらは本日までの募集です。
8月14日 トワイライト高尾山

 

メールマガジン好評配信中です。
富士山に登るためのワンポイントレッスン連載中です!

こちらから読者登録をお願いします。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

hirolingo山登りインストラクター

現在山登りと健康をテーマに、山登りインストラクターとして活動をしています。
東京都山岳連盟個人会員
武蔵野市山岳連盟登山スクール12期修了。

ココロとカラダのデトックスには山登りと断食が効果的です。
ストレスを解消しココロのデトックス!
山登りをすることで新陳代謝も良くなり、カラダが健康になります。
断食でカラダのデトックス!
カラダに溜まった毒素を断食で排毒します。

健康の維持増進、または健康回復のお手伝いを山登りと断食を通じて行いたいと切に思っています。
同時に山の素晴らしさを体験していただきたいとも考えています。
一緒に山を登って、素晴らしい自然を堪能しましょう。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
ページ上部へ戻る