どうせ僕なんか…

 

どうせ僕なんか…

 

こんにちは、山登りインストラクターの松尾浩です。

 

今回のタイトルは、息子の口癖です(苦笑)

わしの怒り方が悪いので拗ねてしまうことがあり、こういう言葉を吐くようになってしまいました。

大いに反省しているところです。

 

ところが中学生になり、卓球部に入部したらその卓球が大好きになったようなんですね。

そこから精神的に少し大人になったような気がします。

相変わらず「どうせ僕なんか…」という言葉を発しますが、ニュアンスが明らかに違う。

半分以上、ふざけて言っている感じです。

少し自信をつけたかな、と親としてはちょっとホッとしているところです。

 

これって大人にも言えますね。

「何をやってもうまくいかない」

「仕事で失敗することが多い」

「なんて要領が悪いんだ、オレって」

そして、

「どうせオレなんか仕事できないし…」

などと拗ねてしまう。

 

でも拗ねることはないんですよ。

前回の話を思い出してください。

 

ありのままの自分を信じる。

 

これです。

 

拗ねるのを続けていると、人生とてもつまらなくなるし損ですよね。

 

子どものような顕著な成長を見せることは難しいかもしれません。

でも、人間何か目標を持ってそれに向かっていけば少しずつ成長するもんです。

年齢に関係なくね。

 

ありのままの自分を信じ、自分の成長を感じる。

これだけで、とても素晴らしいことですよ。

もう今から「どうせ僕(わたし)なんか…」という言葉を捨ててしまいましょう!

人生少し変わります。

 

image

 

今夏の山登りの目標は?
北八ヶ岳山行、8月8日はこちらから

夜の高尾山はどう?
8月14日 トワイライト高尾山

 

メールマガジン好評配信中です。
富士山に登るためのワンポイントレッスン連載中です!

こちらから読者登録をお願いします。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

hirolingo山登りインストラクター

現在山登りと健康をテーマに、山登りインストラクターとして活動をしています。
東京都山岳連盟個人会員
武蔵野市山岳連盟登山スクール12期修了。

ココロとカラダのデトックスには山登りと断食が効果的です。
ストレスを解消しココロのデトックス!
山登りをすることで新陳代謝も良くなり、カラダが健康になります。
断食でカラダのデトックス!
カラダに溜まった毒素を断食で排毒します。

健康の維持増進、または健康回復のお手伝いを山登りと断食を通じて行いたいと切に思っています。
同時に山の素晴らしさを体験していただきたいとも考えています。
一緒に山を登って、素晴らしい自然を堪能しましょう。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
ページ上部へ戻る